セラピストのためのリスクマネジメントセミナー

 

リスクマネジメントセミナー

 

平成 29年 5月 消費者庁が以下のような注意喚起と業界へ要請を発表しました。

”法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に
消費者が安心して安全な施術を受けられるように、関係業界団体は
業界自主基準の作成や拡充を図ることや、消費者からの相談を受け付ける
体制を整備することなどの安全対を策徹底すること”

 

身体均整師会としてもこれに応えるべく安全対策を模索してきました。
その一環として、学術部リスクマネジメントセミナーを企画しました。

 

セラピストにとってのリスクマネジメントとは

 

セミナー2リスクは認識してはじめて対応し管理することができます。
リスクマネジメントとはリスクの特定(認識、把握)から分析・評価・改善という一連の管理活動のことです。

整体療術関連業界団体はその管理活動の指針を提示する責務があり、各臨床家はその指針にのっとった責任ある施術を行うということが、セラピストにとってのリスクマネジメントです。

 

 

 

 

 

 

こんなことについて学びます
~整形外科疾患を中心とした、リスクマネジメント~

 

 腰椎・頸の神経学的検査、整形外科テスト(実技)

 炎症の見極め方、炎症に対する対処法・応急処置(実技)

 疾患の概要と疾患別リスクマネジメント(講義)
   (整形外科の術後禁忌・施上注意点など )

 症状別(痛み・しびれ)のリスクマネジメント(講義・実技)

 

ケーススタディ
~こんな場合、あなたならどうしますか?~

下記 のクライアントの情報をもとに、5つの質問に答えてみましょう!
【40代男性 会社員(デスクワーク)】 一昨日の夜、居酒屋で座敷の席から立ち上がろうとしたら腰痛が出現した。
昨日は仕事を休んだ。どこにも行かず、家で横になって過ご した。今日も仕事を休んで、治療院に来店。何とか歩いて来た。
腰の 痛みは少し良くなっているようだが、左脚にしびれが出現するように なった。
今は前かがみになることができず、仕事に支障が出る。明日 は定休日なので近所の温泉で癒されて、明後日から仕事に復帰した い。
なんとかして欲しい。

【質問】  

Q1 この人の腰痛の原因(疾患名)は何が考えられるか?  
Q2 施術の前にどんな検査をするべきか?  
Q3 どんな施術は控えるべきか?  
Q4 温泉は入って大丈夫なのか?  
Q5 早急に医療機関へ受診させるべきか?

 

上記の質問にバシッと自信を持って答えられない方! 1/27(日)の安全対策セミナーを受けて、自信を持って答えられるよ うになりましょう。お待ちしております!!

 

講習履修者には、修了証を発行します

 

この企画は一般社団法人身体均整師会の学術部が主催していますが、身体均整師のみならず各種の療術業者(セラピスト)を主な対象としています。
会員価格は身体均整師会会 員の特典としての価格です。

講習履修者には、修了証を発行します。

リスクマネジメントセミナーシリーズ第2弾として「内部疾患編高齢者対応編」を予定しています。

このようなセミナーを外部にも公開したリスクマネジメント検定システムの一環として運営していく予定です。
その際は、今回のセミナー履修も検定資格基準にカウントする予定です。

 

セミナー日程と申し込みについて

 

日時:2019年1月27 日(日)17:00~20:00
場所:身体均整法学園(東京都豊島区巣鴨2丁目11-5 巣鴨第一ビル5F)
料金:一般10,000円、身体均整師会会員・準会員6,000円(当日受付にて清算)

ご予約はこちらのフォームから

(予約と参加表明が合わせて20名を超えたら締切りますのでお早めに。)
※動きやすい格好、もしくはお着替えをご持参ください。

地図

 

 

小室知貴プロフィール

 

 

komuro

 

所属:身体均整師会 身体均整法学園 東京校講師
資格:理学療法士 身体均整師
理学療法士として、病院・訪問リハビリでの勤務経験(8年)をもつ。
様々な疾患を抱える方のリハビリに携わる経験をもち、病態に合わせて理学療法と均整の施術を組み合わせ、多くの方と向き合ってきた。
平成26年、均整法学園を卒業。その後3年間の助講師経験を経て、現在は東京校にて運動系の原理の講義を担当している。